芸能 PR

中川翔子のあだ名や本名のエピソードが凄い!結婚で改名するかも!?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2023年4月28日に一般男性との結婚を発表した中川翔子さん。

中川翔子さんといえば、「しょこたん」の愛称で親しまれていますが、過去には「あだ名」でいじめの被害にあったこともあるようです。

また、本名についても凄まじいエピソードがあり、結婚を機に改名をするかもしれません。

今回は、中川翔子さんの、あだ名や本名に関するエピソードをまとめて紹介します。

中川翔子の昔のあだ名

中川翔子さんは、過去に「あだ名」でいじめの被害に合ったことを告白しています。

中川翔子さんが、過去に呼ばれたことのあるあだ名はこちら↓↓

  • ナカショウ(小学生)
  • ペリカンばば(小学生)
  • ゲロマシーン(中学生)
  • しょこたん(現在)

今回は、「ペリカンばばあ」と「ゲロマシーン」というあだ名について見ていきます。

ペリカンばばあ

「ペリカンばばあ」は、中川翔子さんが小学生のときに呼ばれたことがあるあだ名です。

小学生のとき、隣の座席の男子と喧嘩をしてしまった際、「ペリカンばばあ」と言われたのだとか!

その後、「ペリカンばばあ」というあだ名がクラスで定着。

中川翔子さんは、「ペリカンばばあ」と言われたことをおばちゃんに報告すると、おばあちゃんは「どこのどいつだ!」と小学校に乗り込んできたそうです。

おばあちゃんは、その男子の耳を引っ張って連れていき、「翔子のことが好きなんだろう?」と問い詰めると、男の子は「はい、好きです」と泣きながら答えたそうです。

当時、中川翔子さんは「申し訳ない気持ちと恥ずかしい気持ちでいっぱい」だったそうですが、その男の子のことは特に好きではなかったそうです(笑)

中川翔子さんは、このエピソードを気に入っているのか、ブログのタイトルに「ペリカンババア」が使われていることがありました。

2006年9月3日のブログは「ペリカンばばあ」というタイトルで、収録終わりの髪の毛の様子を公開しています。(タイトルと内容は全く関係ないものでした)

2010年2月18日のブログは「ペリババ」というタイトルで、モモイロペリカンと一緒に写っている写真を公開しています。

このブログの中で「ペリカンババアってあだ名つけたのはなんでだHくんよ…」と、なぜ「ペリカンババア」とつけられたのかわからないことを公表していました。

ゲロマシーン

「ゲロマシーン」は、中川翔子さんが中学生のときにつけられたあだ名です。

中学時代の中川さんは、胃腸が弱く、ストレスなどで吐いてしまうことが度々あったそうです。

そのことが原因で、「ゲロマシーン」というあだ名をつけられてしまったのだとか。

このあだ名については、不登校になるほどつらいエピソードだったようで、「心に刺さる攻撃だったので、全然乗り越えてない」と語っています。

こんなひどいあだ名をつけられても、言い返すこともできず、とても悔しい思いをしたのだとか。

呪いのノートにその人の顔を描いて破いて燃やしたり、絵を書いたりアニメを見たり好きなことをして忘れようとしていたそうです。

当時のことを振り返りながら、中川翔子さんは「あだ名が悪いのではない。攻撃する人物がいる状況に、先生が個別に向き合えていない。あだ名イコールいじめではない」と語っています。

「しょこたん」はお気に入り

現在は、「しょこたん」の愛称で親しまれています!

しょこたんというあだ名については、「しょこたんのおかげで、子どもたちに知ってもらった」とこのあだ名に感謝しているようです。

本名は「しょうこ」ではなく「しようこ」

あだ名について凄いエピソードのある中川翔子さんですが、「本名」にも信じられないエピソードがありました。

中川翔子さんの本名は「中川しようこ」さんなのです。

薔薇が好きだったご両親は、「薔子(しょうこ)」という名前をつけようとしていたのだそうです。

しかし、当時、名前に「薔」という感じを使うことができなかったのだそうです。

入院していた母の代わりに、出生届を出しに行った中川さんの叔母が、役所との押し問答の末、「じゃあもうひらがなでいい」と、なぐり書きをしたのだとか。

そのとき、「よ」が大きく書かれていたため、「中川しようこ」として受理されてしまったのだそうです。

本人がこのことに気づいたのは、なんと、23歳から24歳の頃なのだとか!

パスポートを変更しにいったところ「中川しようこさま」と呼ばれ、「私、しょうこですよ」と伝えたら、「あなたしようこですよ」と真面目に返されたのだそうです。

「薔薇関係ないし、せめて”しょうこ”でありたかったよ」と語る、中川書翔子さんですが、実は改名も考えたのだとか。

しかし、中川翔子も、中川薔子も字画が悪く、「中川しようこ」がもっとも良かったそうです。

中川さんは「いつか誰かのお嫁に行った時、中川じゃなくなったら、本当に”しようこ”である意味がマジでなくなるんですよ。その時はマジで改名しに行きます!」と語っていました。

2023年4月28日に結婚を報告した中川翔子さんですが、もしかすると本名を改名するかもしれませんね!

まとめ:中川翔子のあだ名や本名のエピソードが凄い!結婚で改名するかも!?

中川翔子さんのあだ名や本名に関するエピソードを紹介しました。

ほろ苦い思い出から、壮絶ないじめのエピソード、そして本名にまつわるものまで、すごいエピソードでした。

結婚を機に、本名を改名するのか、とても気になるところです!