スポーツ

【中日ドラゴンズ】高橋宏斗のwiki経歴!出身中学・高校や大学は?

2022年7月29日の中日対広島戦でノーヒットノーランの期待がかかった高橋宏斗選手!

惜しくも達成なりませんでしたが、今後の活躍にも期待がかかる熱投でした!

今回、高橋宏斗選手の、出身高校や大学、経歴を調べてみました。

高橋宏斗選手の特徴

高橋宏斗選手は、同世代の投手の中で、一番フォームがキレイと言われているピッチャーです!

高校時代から、評価が高く、プロ野球選手やスカウトからも、「世代No.1」と評されています。

スポンサーリンク

小学校:尾張旭市立三郷小学校

高橋宏斗選手は、尾張旭市立三郷小学校出身です。

小学校2年生のときに三郷ファイターズに入りました。

小学校時代のポジションは、二塁手や遊撃手です。

小学生の時から頭角を表しており、2014年6年生のときにドラゴンズジュニアに選出されます。

ドラゴンズジュニアでは、2番・遊撃手としてプレーしていたようです。

ちなみに、ドラゴンズジュニアの選考はとても厳しく、以下のような条件を満たしている必要があります。

  • 愛知・三重・岐阜・静岡に在住の小学6年生。
  • 野球クラブチームに所属している。
  • 所属チームの代表者か監督の推薦を受けた選手(チームから1名まで)

所属しているチームでNo.1になって初めて選考を受けられるのですから、いかに険しき門かがわかりますね。

スポンサーリンク

中学校:尾張旭市立東中学校

高橋宏斗選手の出身中学は、尾張旭市立東中学校です。

尾張旭私立東中学校は部活動が盛んな中学のようですが、中学校の野球部には所属していません。

中学校時代は、お兄さんが所属していた「豊田リトルシニア」に所属しています。

2年生の時にチーム事情で投手に転向。3年生の時には全国ベスト16に入りました。

野手として、ドラゴンズジュニアに選出された高橋選手は投手に転向し、そこでも結果を残しています。

高橋選手がいかに才能あふれる選手であるかがわかりますね。

高校:中京大中京高校

高橋宏斗選手の出身高校は、中京大中京高校です。

当然野球部に所属し、2年生のときにはエースピッチャーとなっていました。

そして、数々の大会でチームを優勝に導きます!

  • 愛知県高校野球選手権大会
  • 秋季東海大会
  • 明治神宮野球大会

また、愛知県高校野球選抜の台湾遠征メンバーにも選ばれました。

満を持して望んだ3年の甲子園は、コロナの影響で中止となり、涙をのみます。

甲子園交流試合では、強豪智弁学園高校に勝利を収めました。

ちなみに、高校時代にバッテリーを組んでいた、主将の印出太一選手は、ドラゴンズジュニア時代に一緒に選出されたメンバーでもあります。

スポンサーリンク

大学進学かプロ入りか?

高橋選手は、お兄さんが通っている慶應義塾大学への進学を希望していました。

しかし、入学試験に不合格だったこともあり、プロ入りを決意。

中日ドラゴンズからドラフト1位指名を受けて入団しました。

小学生の頃からドラゴンズジュニアに所属していた選手ですので、ドラゴンズ運営からすると折り紙付きの選手ですね!

スポンサーリンク

まとめ:【中日ドラゴンズ】高橋宏斗のwiki経歴!出身中学・高校や大学は?

中日ドラゴンズ、高橋宏斗選手の経歴をまとめてみました。

まだ19歳の選手ですので、今後ますます活躍することが期待できますね!!!

↓↓↓wiki経歴の関連記事はこちら↓↓↓

【東大王】河野ゆかりの本名やwiki経歴(学歴)!出身高校や中学は?

スポンサーリンク